失われた歯の根の代わりに|歯並びを良くする魔法|インビザラインという施術

歯並びを良くする魔法|インビザラインという施術

治療器具

失われた歯の根の代わりに

笑顔

ぐらつかない義歯

歯は、歯茎から露出している部分が欠けた場合には、詰め物やかぶせ物などで治療することが可能となっています。治療後には、その歯は元の歯とほとんど同じように使うことができます。ところが歯茎の中に隠れている根の部分に問題が生じた場合には、根を完全に除去することになります。根がなくなるわけですから、たとえ義歯を取り付けても、元の歯のようには使うことができません。食事中などに、ぐらついたり外れてしまったりする可能性が高いのです。こういった不便さをなくすために歯科でおこなわれていることが、インプラント治療です。インプラント治療では、失われた歯の根の代わりとなる器具が、歯茎の内部に挿入されます。顎の骨に食い込ませるように挿入するので、簡単には外れません。そしてその器具に義歯が取り付けられるので、ぐらつきなどの心配をせずに、食事をとることができるようになるのです。

顎の骨がもろい場合

顎の骨は、年をとるにつれてもろくなるので、それによりインプラント治療は困難になります。もろくなった顎の骨に器具を挿入しても、顎の骨が砕けて器具が外れてしまう可能性があるのです。そのような場合、歯科では顎の骨に負担を与えにくい、薄い器具を使ったインプラント治療がおこなわれます。薄い分、顎の骨にごく小さな穴をあけるだけで、挿入することができるのです。さらに、骨移植と組み合わせたインプラント治療がおこなわれることもあります。顎の骨に器具を挿入し、その周辺に動物の骨あるいは患者自身の骨を粉末状にしたものを入れるのです。粉末状の骨は、徐々に顎の骨と一体化していきますし、それによって器具もその場所で安定することになります。粉末状の骨が増えた分だけ、顎の骨は分厚く頑丈な状態になるので、これにより砕けるリスクは少なくなります。